ギックリ腰

クリックで拡大します。

急性の腰痛です。
いつもの慢性的な腰痛と違い、急激な痛みを伴います
少し態勢を変えるだけで痛みが走り、動けないという方も。

原因

原因としては、長い年月をかけ知らず知らずに腰に負担を与えていたところにきて急激な運動や重いものを持ち上げたり、くしゃみや咳などをキッカケにして腰の筋肉が傷つき炎症を起こしている状態です。

対処法

まずは安静
筋肉の繊維が傷つき炎症を起こしているので、氷やアイスパックで冷やしましょう。
冷やし方にもコツがあります。20分間冷やし続け、次の40分間は氷やアイスパックは外し安静に。また20分冷やし40分休めるという繰り返しです。
20分以上冷やし続けると凍傷と同じ状態になり逆に筋肉を傷つけてしまうことになります。

1~2日で鋭い痛みが治まってきますので、その後は無理の無い範囲で普段どおりに動いて下さい。安静にしすぎないことで筋肉の回復力が増します

ギックリ腰かなと思ったらすぐ来て下さい。
早ければ早いうちに筋肉を良い状態に持っていくことで痛みを感じる時間を短くしていきます。

※座骨神経症状もお任せください。お待ちしております。

コメントは停止中です。