肩こり・首の痛み

クリックで拡大します。

 

(左図)首にある筋肉の一つ(僧帽筋上部)のこりが
首筋からこめかみにかけてや顎までズーンとした痛みやこりを広げます。

 

クリックで拡大します。

(左図)肩周りや背中を覆っている筋肉がその部分だけでなく首や肩先までこりを広げます。

 

原因

昔と比べ日本人の生活は欧米化し、畳よりも椅子に座る生活が多くなりました。
会社ではパソコンに向かって仕事をし、机上の大量の資料に目を通したり。
家庭ではダイニングテーブルで食事をし、リビングでソファに座りテレビを見たり。

その時あなたの姿勢はどうでしょうか?
頭やあごが前方に突き出し、猫背で腰が曲がっていませんか?

非常に体にとって悪い姿勢です。
頭の重さは平均して5~6kgといわれています。お米5kgの重さを想像してみてください。こんなに重たい頭を細い首・肩が支えています。

姿勢が悪くなると首・肩が頭の重さに耐え、常にがんばっている状態が続きます。
するとこりや痛みが長い年月をかけ蓄積され表面化してくるのです。
また、
首や肩周りの筋肉がこり固まったことで頭痛やズーンとした目の奥の痛み、虫歯はないのに歯の痛みなどに発展していきます。

対処法

今現在している姿勢を鏡で見てみましょう。姿勢の改善はこりのない生活への第一歩です。
今まで培った筋肉のこりは私達にお任せください。徹底的にこりを取り除いていきます。
簡単にできる正しい姿勢のとり方も教えていきます。

頭痛・眼精疲労・めまい・寝違え・ムチウチ・あごの痛みなど肩こり以外の症状にもカイロプラクティックは有効です。
ぜひご相談ください。

実際の症例はこちら

コメントは停止中です。